昭和レトロな温かい柴又の街で送る安心な一人暮らし

2018-09-12

柴又と言えばフーテンの寅さんで有名になった街です。映画の通り、昭和の香りを残した下町の雰囲気がある街並みが特徴です。そんな柴又で一人暮らしを考えている女性に向けて、シェアハウスなどの賃貸から街の特徴まで、詳しく紹介していきましょう。

柴又駅の周辺には何がある?

柴又駅周辺は周りに高い建物も少なく、基本的には住宅街になっています。下町らしい雰囲気がある活気のある街です。

駅前にはコンビニもありますし、近くにはスーパーもあるので、仕事帰りなどに買い物をするには便利です。

また、駅前の飲食店もなかなか充実しています。駅から徒歩数分以内に「やきとり福茂」、「さくら」、「酒場春」、「葡萄屋」などの系統がそれぞれ異なる居酒屋があります。昔ながらの古いたたずまいのお店も多いので、最初は入りづらく感じるかもしれませんが、どこもこじんまりとした優しい雰囲気のお店ばかりなので、慣れれば一人でも行けるようなところばかりです。仕事帰りにちょっと飲んで帰りたいという時にぴったりです。

柴又の治安は?

柴又地区の治安ですが、住むには申し分のない安全性があると言ってよいでしょう。その特徴として、窃盗や盗難事故、その他の犯罪も含めて、全体的に犯罪率が圧倒的に低いことが挙げられます。

飲食店等はそれなりにあるものの、歓楽街のような賑わいはありませんので夜になって人が増えるということもありません。住んでいる方も、昔ながらの地元の方や家族連れや子供が多いですし、活気がありながらも住宅地は静かなところが多いので、女性の一人暮らしでも心配なく過ごせる街です。

柴又駅からアクセスできるところ

東京都葛飾区にある柴又駅は、京成電鉄金町線上にある駅のひとつです。京成電鉄金町線は、駅数が少なく3駅しかない珍しい路線です。そのため、少し遠くの主要都市などへ出掛ける際は乗り換えが必要になります。

主な所要時間は下記の通りです。

【京成電鉄金町線】

東京駅まで乗り換え1回で約45分

品川駅まで乗り換え1回または3回で約51分

新宿駅まで乗り換え2回または3回で約54分

渋谷駅まで乗り換え2回で約60分

だいたい1時間は掛からない程度で大きな街へは行くことができます。

隣の京成高砂駅まで行けば、京成本線に乗り換えることができますので、隣駅まで出ればアクセスの幅が広がるといったところでしょうか。都内であることは変わりませんので、どこへ出かけるにもさほど苦労することはない範囲と言えるでしょう。

柴又の賃貸・シェアハウス・家賃情報

次は柴又周辺の家賃相場について調べてみましょう。

賃貸用のマンションやアパートを借りた場合ですが、まず1Rや1Kほどの大きさだと約5万円から6万円程度、もう少し広い1DKや1LDKほどの広さだと6万円から8万円程度が平均といったところでしょうか。都内の中でも比較的安い設定になっています。

周辺ではシェアハウスの数も増えており、女性専用の一軒家タイプのシェアハウスや、男女兼用で外国人も入居可にしているところもあります。どこもキレイに改装されていたり、新築に近いところもあるので、見た目や不便さで悩むことはまずないでしょう。

シェアハウスの家賃相場は2万円から5万円程度と、お得になっています。

柴又のおすすめスポット

映画で有名になったことから街全体が観光地と言っても過言ではありません。見どころの観光スポットや名所などを紹介したいと思います。

帝釈天参道

おそば屋、お煎餅、うなぎ屋など、下町らしい風情のあるお店が軒を重ねる参道が有名です。寅さんファンに人気もあります。

フーテンの寅像

駅を降り立てば出迎えてくれる、まさに街のシンボルとも言える寅さん像です。さらに近くにはさくら像も立っています。

柴又ハイカラ横丁

ハイカラ横丁とは、駅を降りて帝釈天参道の入り口そばにある駄菓子屋さんの名前です。現代の駄菓子屋ではなく、昭和時代を思い出させるアンティークな建物で、売っている駄菓子も懐かしいものばかりです。

柴又八幡神社

小さくて静かに佇んでいる神社ですが、隠れ名所として親しまれています。「柴又」という地名の由来がどこかに明記されているとか。

まとめ

他の街にはない昭和のノスタルジーさが色濃く残っているのが柴又の大きな特徴です。下町の雰囲気が好きだったり、昔ながらの街並みを楽しみたいと思っている方には喜んでいただけるのはもちろんのこと、さほど興味がない方でも一度住んでみると、その雰囲気に安心感や懐かしさを覚えることでしょう。従来の賃貸はもちろん、シェアハウスの数も増えているため、治安も良く人情のあるこの街で一人暮らしを満喫してはいかがでしょうか。

人気の記事

シェアハウスを探す