シェアハウスの選び方で失敗したくない!理想が叶う3つのポイント

2018-07-04

どんどん入居者が増えているシェアハウスですが、「イメージしていた生活と違ったな…。」という理由から、引っ越してしまった経験がある方もいるようです。こういった失敗をしないために、シェアハウスの選び方で大切な3つの基準をお伝えします。

選び方1.目的に合わせた物件かどうか

シェアハウスの選び方で最初に大切なことは、シェアハウスでどのような暮らしをしたいのか、ということです。例えば、他の入居者と積極的に交流したい、仕事や遊びのためにアクセスしやすい立地が良い、家賃・共益費・光熱費などがお得、などなど自分が何を重視しているのか考えてみて、優先順位をつけておきましょう。この優先順位がはっきりしていないと、「住んでみてから他の物件にしておけば良かったかも…」、と後悔してしまうかもしれません。

目的に合ったシェアハウスの選び方としては、そのシェアハウスのコンセプトに注目することが重要です。例えば、女性専用でセキュリティがしっかりしている、外国人が多くて国際交流が、内装を重視して快適な環境を提供するなど、物件ごとにさまざまなコンセプトを押し出しています。コンセプトによって、設備や内装も変わってくるため、こうしたコンセプトに注目することが選び方の1つめのコツです。また、シェアハウスは規模によって人数が違うため、賑やかさも違ってきます。たくさんの人と交流を持ちたいなら入居者の大きいシェアハウスを選び、普段は静かに生活したいのなら入居者の少ないシェアハウスを選びましょう。

選び方2.運営会社の対応が良いか

次にチェックしておきたいことは、運営会社の対応です。普段の生活では、運営会社のことはそれほど意識していないこともかもしれません。しかし、入居時には念入りにチェックしておくことが必要です。特にシェアハウスでは、運営会社ごとにコンセプトがさまざまであるため、対応の質も違っています。さらに他の入居者とスペースを共有しているシェアハウスでは、トイレのつまりや共有家電の故障など、自分では気を付けていても急なトラブルに見舞われる可能性があります。そのため、トラブル時の対応が早いことが最も重要な要素です。

こうした対応の良さを調べるためには、入居前の説明時にトラブルが起こったときにどうしたら良いか、連絡先はどこなのか、どれぐらいの時間で対応できるのか、といった質問をしてみてください。このとき、きちんと答えられる運営会社なら、信用できると考えて良いでしょう。そして、もっと良い見分け方は、定期的に巡回してくれるかどうかということです。

選び方3.入居者の雰囲気が良いこと

シェアハウスは他の入居者との交流も楽しみの一つです。そこで、見学時に入居者の雰囲気やマナーも確認しておきましょう。特にリビングやキッチンなどの共有スペースは要チェックです。これらのスペースに私物は置かれているか、置かれている場合、きちんと整理されているかどうか確認しておきましょう。

また、入居者間の連絡方法もチェックすることが重要です。多くの人が住んでいるシェアハウスでは、掲示板や張り紙などで周知事項を知らせていることがよくあります。こうした掲示板の内容を見れば、入居者同士の交流は活発なのか、それともあまり干渉しないのか、といったことが理解可能です。できれば、入居者の方とお話をして、実際の生活を尋ねてみると良いでしょう。特に聞いておきたいのは、普段の交流、生活リズム、入居者間のルールなどです。物件自体は気に入っても、ライフスタイルが合わず、なかなか交流がしづらいということもあります。シェアハウスの楽しみを味わうために、自分のライフスタイルに合ったところを選びましょう。

理想通りのシェアハウスを見つけよう

シェアハウスは、まだ知らない人も多いため、選びにくい物件だと思っていた方も多いかもしれません。しかし、ここで紹介してきた正しい選び方を守れば、きっとあなたに合った物件が見つかります。あなたの理想通りのシェアハウスを見つけて、楽しいライフスタイルを実現しましょう。

人気の記事

シェアハウスを探す