シェアハウスとはどんな特徴がある物件?ルームシェアとはなにが違うの?

2018-07-02

近年話題になっているシェアハウス。しかし、ルームシェアとの区別がついていない人や、どんなメリットがあるのか知らない人も多いようです。そこで、シェアハウスの特徴と人気の理由について解説していきます。

シェアハウスとは?

シェアハウスとは、キッチン、リビング、トイレなどを共有で使用するタイプの賃貸物件のことです。アパートの1室や戸建ての物件を借りて住人の間でシェアするルームシェアとは違い、元からシェア用の物件として運営されています。ルームシェアの場合、代表者が管理会社と契約して割り勘で家賃を支払う方式と、住民がそれぞれ管理会社と契約する方式がありますが、シェアハウスでは入居者一人ひとりが管理会社と契約することが基本です。

シェアハウスが選ばれている理由

シェアハウスとは20~30代の方を中心に人気の物件でもありますが、それには選ばれている理由があります。

まず、総合的な費用が安いことです。その他の物件に比べ、家賃相場が低く、さらにインターネットの接続料金などは共益費に含まれていることが多いため、お得に住むことができます。そして、光熱費や水道代にも注目です。これらの料金も共益費に含まれていたり別枠ですが定額だったりすることもあるため、家賃以外にかかる住居費用をおさえることができます。

シェアハウスの種類

シェアハウスとはアパート、一戸建てなど色々なタイプの建物があることも特徴的な物件です。中古の民家を改装した物件もあれば、シェアハウス専用に建てた新築物件もあります。建物だけではなく、部屋の契約形態もさまざまなので注意が必要です。プライベートを重視した個室タイプのシェアハウスもあれば、ドミトリーと呼ばれている相部屋タイプのシェアハウスもあります。

また、シェアハウスはコンセプトを重視している物件が多いことも魅力的です。例えば、シェアハウスは男女どちらにも人気ですが、どちらかといえば女性の入居者の方が多いため、女性専用をコンセプトにしたシェアハウスが多くあります。こうした女性用の物件ではオシャレさやセキュリティなどを重視していることが多く、女性の住みやすさを支えてくれます。他にもシェアハウスとは様々なコンセプトがあることが魅力的な物件なので、ぜひ自分に合ったシェアハウスを探してみましょう。

シェアハウスならではのメリット

1.設備が充実している

シェアハウスとは、設備がそろっていることも魅力的な物件です。アパートなど、普通の賃貸物件を借りる場合は、家具や家電を自分で用意しなければなりません。しかし、最低限のものを用意するつもりでも、冷蔵庫や洗濯機、ベッドなどの寝具などなど、多額の出費が必要になります。しかし、ほとんどのシェアハウスでは、これらの基本的な家具・家電がそろっているため、引っ越しの手間や費用を節約して、気軽に入居することができます。

2.他の住民と交流できる

他の住民もいるので、ひとり暮しでも安心なことも大きなメリットです。ひとり暮しでは、外出中の防犯対策や風邪をひいてしまった動けないときなど、なにかと不便な思いをしてしまうことがあります。これまでひとり暮しをしたことがある方や、家族が長時間外出していてなかなか帰ってこなかった経験がある方なら、そのさみしさがよく分かるのではないでしょうか。

しかし、シェアハウスなら他の住民もいるので、そうしたひとり暮しの心細さを減らすことができます。さらにシェアハウスでは、色々な出身地の人と出会えることも魅力的です。シェアハウスとは、たくさんの人が住む都市圏に多い賃貸物件です。そのため、色々な地域から人が集まります。そのため、他の物件に住んでいれば出会う機会がなかった人とも交流を持つことができるのです。

シェアハウスで新しい生活を始めましょう

シェアハウスとは手頃な料金で住めることと、新しい同居人と交流できることが魅力的な住居スタイルです。ひとり暮しでも多くの人と交流したい方やこれまでの暮らしとは違った生活をしてみたい方は、是非、シェアハウスで新しい生活を始めましょう。

人気の記事

シェアハウスを探す