費用を抑えて不自由なく住むなら、学芸大学駅がおすすめ!

2017-11-20

目黒区にある学芸大学駅の前にはさまざまな店舗が立ち並んでおり、一人暮らしでも不自由なく生活できます。閑静な住宅街もあり、治安は良好です。今回は、そんな学芸大学駅の魅力や、周辺エリアの家賃相場についてご紹介します。

便利な店舗がそろっている学芸大学駅エリアの魅力

学芸大学駅は、かつて東京学芸大学の最寄り駅であったことから名付けられました。東京学芸大学は移転しましたが、東京学芸大学附属高校の最寄り駅として現在も多くの学生に利用されています。

学芸大学駅には、東急東横線が乗り入れています。ビジネス街のある品川駅まで23分、東京駅まで25分で移動でき、休日になると多くの方が訪れる新宿駅まで18分と、他の主要駅へのアクセスも良好です。特に渋谷駅までは、2駅7分という抜群のアクセス環境です。

学芸大学駅の周辺には大型の商業施設はありませんが、本通り商店街や西口商店街、東口商店街などの商店街を中心に生活に便利な店舗がそろっています。

駅前にある学芸大学東急ストア(営業時間:10時~25時)や九州屋学大市場店(営業時間:10時~20時30分)、まいばすけっと学芸大学東口店(営業時間:7時~24時)などのスーパーマーケットのほか、スマイル学芸大駅前店(営業時間:9時~21時)やココカラファイン学芸大学駅前店(営業時間:10時~23時)などのドラッグストアもあります。飲食店やカフェなどもたくさんあって便利です。

学芸大学駅を離れると、閑静な住宅街が広がっています。治安がよく、安心して暮らせるのが魅力です。

学芸大学駅エリアのおすすめスポット

学芸大学駅周辺を中心におすすめのスポットがたくさんあります。

みどりえカフェ(目黒区鷹番)

みどりえカフェは、学芸大学駅から徒歩3分の位置にあるカフェです。旬の有機野菜を使ったオーガニック料理を提供していて、特に女性に人気があります。土日はデリとスイーツのビュッフェが開催される他、スイーツ教室やピラティス教室なども行われています。

EMPORIO(目黒区鷹番)

EMPORIOは、学芸大学駅から徒歩6分ほどの位置にあるスペインバルです。ワインによく合うスペイン料理をリーズナブルな価格で堪能できるため、ワイン好きの人におすすめです。ランチセットやカフェメニューもあるため、時間帯問わず利用できます。

anea cafe 学芸大学店(目黒区中央町)

anea cafe 学芸大学店は、学芸大学駅から徒歩8分のカフェです。昼はカフェ、夜はレストランバーとして利用できます。カフェメニューのパンケーキと、世界各国のビールが人気です。

アオゾラコーヒーショップ(目黒区碑文谷)

アオゾラコーヒーショップは、学芸大学駅から徒歩10分の位置にあるカフェです。木のぬくもりが感じられるおしゃれな店内では、週替りのランチメニューや自家製のデザートメニューを堪能できます。店内では手作りの小物も販売されています。

碑文谷公園(目黒区碑文谷)

碑文谷公園は、学芸大学駅から歩いて6分の位置にあります。公園の中心部には弁天池があり、ボートに乗って遊覧できます。園内には無料の小動物園があり、ウサギやモルモット、ポニーなどと触れ合うこともできます。

学芸大学駅エリアの家賃相場

学芸大学駅エリアの家賃相場は、1R/9.6万円、1K/8.9万円、1DK/10.9万円、1LDK/14万円です。平均の家賃相場は9.1万円程度で、目黒区の平均相場よりも安いエリアです。同じ東急東横線の他の駅と比べても家賃相場が安いため、目黒区で費用を節約して暮らしたい方にはおすすめです。

学芸大学駅周辺のまとめ

学芸大学駅を中心にさまざまな店舗がにぎわいをみせており、駅から離れれば閑静な住宅街であるため、治安もよい地域です。学芸大学駅からは、ビジネス街のある品川駅や東京駅、休日には渋谷駅や新宿駅まで時間をかけずに移動ができるので、平日・休日ともに快適に過ごせます。特に渋谷まで2駅というのが大きな魅力です。

学芸大学駅周辺には商店街が多く、日常生活に不自由さを感じません。また、学芸大学駅と同じ路線にある他の駅に比べると家賃が安いエリアなので、一人暮らしするのならおすすめのエリアです。

人気の記事

シェアハウスを探す