多摩川で自然とふれあう!治安がよく住環境も整った大田区でシェアハウス

2017-10-30

大田区は治安がよく、全体的に落ち着いた雰囲気のエリアです。都会でありながら、日常生活に欠かせないスーパーマーケットなど、日用品を扱う店舗も充実しており、住環境が整っています。

多摩川の河川敷が近いため、自然とふれあうことができるという点も魅力のひとつです。今回は、そんな大田区について、その特徴や交通アクセス、おすすめスポット、家賃相場などについてご紹介します。

大田区ってどんなところ?

大田区の人口は、平成29年8月1日の時点で723,182人です。東京23区の中では最南部に位置しており、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。多摩川の河川敷は、大田区民の憩いの場所です。サイクリングロードも整備されており、運動しやすい環境であるためジョギングを楽しむ方も多くみられます。

大田区にはJR京浜東北線、東京モノレールなど全10線路が通っており、東京都心や神奈川方面のアクセスが良好なのが魅力です。渋谷まで26分、新宿まで32分、池袋まで39分、横浜までは20分で移動することができます。また、大田区は羽田空港がある街としても有名で、出張の多いビジネスパーソンや旅行好きの若者から支持されています。その一方で、大田区の街中では昔ながらの商店街があったり公園が点在していたりと、古き良き風景も残っています。

大田区は、羽田空港がある湾岸エリアの近代的な風景と街中の歴史ある風景が合わさった、幅広い世代が住みやすい街といえます。

大田区の魅力スポット

大田区には、都会生活を楽しむことができるおすすめスポットがたくさんあります。

アトレ大森(大田区大森北)

JR大森駅に隣接する「アトレ大森」は、大型ショッピングビルです。ビル内にはスーパーマーケット、雑貨店、服飾雑貨店、大型書店、飲食店などがあり、乗車前後はもちろん、休日に訪れても一日中楽しむことができます。

蒲田温泉(大田区蒲田本町)

蒲田駅より徒歩13分にある「蒲田温泉」は、どこか懐かしい昭和の温かさを感じる温泉です。蒲田温泉では、都会ではめずらしいともいえる天然温泉に入ることができます。温泉好きの方はもちろん、友人同士でも気軽に訪れることができます。

ルージュ・ブランシュ(大田区田園調布)

多摩川駅より徒歩8分にある「ルージュ・ブランシュ」は、開業以来、20年以上も地域の方たちに愛されるスイーツ店です。ルージュ・ブランシュのケーキはすべて一から手作りしていて、素材にもこだわった本格スイーツです。お持ち帰りはもちろん、店内のカフェスペースで味わうこともできます。

ヨハク(大田区西馬込)

西馬込駅より徒歩3分にある「ヨハク」は、商店街を少し入ったところにあるカフェです。店内は、天井が高く開放感のある造りになっています。ここでは、栄養満点のサラダランチが女性に人気です。その他にも、グラタンやサンドイッチ、デザートセットもあります。女性が入りやすい雰囲気で、お一人様でも気兼ねなく入店できるのが魅力です。

シェアハウスなら、大田区がおすすめ

大田区の家賃相場は1R/7.1万円、1K/7.8万円、1DK/9.2万円、1LDK/12.3万円です。1R、1K、1DKなどの一人暮らし向きの間取りの家賃相場は7.7万円と、23区内でも9番目に低くなっています。周辺の区と比較しても、世田谷区より3千円ほど、目黒区より2.1万円ほど安いのが特徴です。家賃が比較的低めで路線が多く通っている大田区は、住みやすさと利便性の高さから若者にも人気が高いエリアです。そんな大田区周辺での生活をお考えの方には、シェアハウスがおすすめです。シェアハウスであれば家賃も低い上、敷金礼金が少ない(または、ない)物件も少なくありません。家電や家具を購入する必要がないのも、引っ越す上で大きなメリットだといえます。さまざまな人が集まるシェアハウスは、夢を追っている方々が刺激を受けることのできる環境です。夢を実現する第一歩として、シェアハウスを考えてみてはいかがでしょうか。

人気の記事

シェアハウスを探す